むぅびぃ れびゅぅ

自由気ままな映画レビュー

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏
評価:
アンナソフィア・ロブ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 940
(2007-05-25)
犬STORY
10歳の少女オパールは、3歳のとき母親に家出され、父親と2人でフロリダの小さな町に引っ越してきた。
ある日、スーパーで買い物中にお店の中を逃げ回るのら犬と出会った。
臭くて汚いけれど、にかっと歯を見せて人なつこく笑う犬。
オパールはたちまち心を奪われ、保健所に連れていかれそうになったその犬を自分のものだと言い張り、そのまま飼う事を心に決める!
スーパーの店名にちなんでつけた名前は『ウィン・ディキシー』。
ウィン・ディキシーには、笑うこと以外に、もうひとつ特技があった。
それは人の話にじっと耳をかたむけること。
だから、孤独だったオパールは心の丈をうち明けることができたし、
新たに出会った人たちから思いがけない話を聞くこともできた。
そればかりではない。何年も前に家出した母のことをけっして口にしなかった父も、
愛嬌者で聞き上手のウィン・ディキシーにほだされて、オパールに少しずつ母の人となりを語りはじめるのだ。

犬COMMENT
すごく優しい気持ちになった映画でした。
あたしは愛犬家なので、ウィンディキシーがいなくなったシーンでは涙流しっぱなし(笑)
犬だけに限らず、動物は本当に人の心を優しく癒してくれる生き物だなと思いました。
私達人間は、そんな動物達を大事にしないといけない。と、改めて思いました。
あたしが結婚して、家族を持ったら絶対にこの映画をみんなで観たいです!!
| 15:38 | か行 | - | - |
スポンサーサイト
| 15:38 | - | - | - |
<< NEW | TOP | OLD>>